Peco animal healing Clinic

Peco animal healing Clinic のブログ、日々の出来事や、東洋医学、漢方、鍼灸のことなどを中心に書いていきます。私に出会う動物や飼い主さんが少しでも癒され、動物との時間を幸せに過ごせるようお手伝いしたいと思っています。

SFTSウイルスに対して、犬猫の対処法

何やらびっくりなニュースが

西日本で野良猫に咬まれた女性が亡くなったそう・・・

 

気になって調べてみました

国立感染症研究所HPによると

重症熱性血小板減少症候群SFTS

重症熱性血小板減少症候群SFTS)とは

SFTSは2011年に中国の研究者らによって発表されたブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新しいウイルスによるダニ媒介性感染症である。2013年1月に国内で海外渡航歴のない方がSFTSに罹患していたことが初めて報告され、それ以降他にもSFTS患者が確認されるようになった。SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると6日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こす。検査所見上は白血球減少、血小 板減少、AST・ALT・LDHの血清逸脱酵素の上昇が多くの症例で認められ、血清フェリチンの上昇や骨髄での血球貪食像も認められることがある。致死率は6.3〜30%と報告されている。感染経路はマダニ(フタトゲチマダニなど)を介したものが中心だが、血液等の患者体液との接触により人から人への感染も報告されている。治療は対症的な方法しかなく、有効な薬剤やワクチンはない。

 

とのこと。ブニヤウイルス科フレボウイルス属は脊椎動物に感染するので、犬や猫にも発熱や消化器症状、血小板減少等がありそうです。

 

西日本での発生だけど、引っ越しや夏休みで人の移動も多いと思うのでどんな状況でウイルスやマダニが移動しているか分からないので

注意した方が良いかもしれないですね。

 

備えあれば憂いなし!です

 

私も類症鑑別の一つとして頭にいれておこう。

 

さて

 

対処法としてですが、病気を運ぶマダニとの接触をなるべく避ける必要があります。

マダニはくさむら等の葉の裏に隠れていて

動物がそこを通る際に飛び乗ります。

 

マダニは暑い時期も寒い時期もいますから

 

くさむらには入らないようにした方が良いです。

 

とはいえ、ワンちゃんってくさむらが大好きですよね。。

 

ぐいぐいいってしまう。

 

そんな時はマダニに咬まれたとしてもすぐに殺すことのできる

 

フロントライン

マイフリガード

コンフォティス

ネクスガード

 

等のマダニにも効果のある駆除剤を付けるか

内服するのがおすすめです

 

今はフィラリアと一緒になっているお薬もあるので

月に一度マダニの駆除も一緒にされると安心ですね。

 

弱っていた野良猫ちゃんを助けようとされたのかもしれないのに

辛いニュースでしたね。その野良猫ちゃんも亡くなっているのだとおもうと。

ご冥福をお祈りします。

 

野良猫ちゃんの全てが感染源ではないので、地域の野良猫ちゃん達が辛い思いをしないといいなと思います。

f:id:harumaki17hon:20170725005340j:plain

 

ペコ