読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Peco animal healing Clinic

Peco animal healing Clinic のブログ、日々の出来事や、東洋医学、漢方、鍼灸のことなどを中心に書いていきます。私に出会う動物や飼い主さんが少しでも癒され、動物との時間を幸せに過ごせるようお手伝いしたいと思っています。

動物が、何かおかしいときは。

こんばんは、peco animal healing clinic院長のペコです。

私たち人間が普通に生活していて、あれ?なんか今日はおかしいな、からだの具合がへんだな、なんだろう?ということってありますよね?

風邪かな?と薬を飲んだり、冷えたからかな?とお腹を暖めたり

動物にも健康でもあれ?なんだか調子がおかしいな?というときはあります。

そんなちょっとした不調も、いつもみている飼い主さんは気づくもの。


動物病院にも、元気は元気なんだけど、なんかいつもと違う。
という主訴でいらっしゃる、飼い主さまも少なくなりません。

そんなとき、西洋医学しか勉強していなかった私は、正直困っていました。。

嘔吐も下痢もない、痛みもない、熱もない、元気も食欲もある、でもなんかいつもと違う?

なんだろう、、と。

そうなると、スクリーニングのように、血液検査、痛みならレントゲン?等と試行錯誤していたのですが、それでも何も問題が見つからないときもある。

大丈夫です。ということは簡単で、飼い主さんも安心なのだけど

結局。何かへん、と思われていた動物は、どんな気持ちだったのだろう?と思っていました。

今は東洋医学も学んでいるので、西洋医学で説明出来ないときは東洋医学から考えてみます。


そして、それにあった施術をする。


でも実は私のしていることは一部は自宅でも出来ることだったりします。


それは、撫でること。
f:id:harumaki17hon:20161106211708j:plain

自分自身が優しい気持ちで、深呼吸しながら

頭から後ろへ、お腹も背中も指の先も

手のひらで撫でること

手のひらから暖かい「気」が動物の身体の表面にあるツボから入って
些細なことなら、きっと元気になりますよ!


元気の「気」は、見えないけれど確かにある。

沢山撫でてあげてください。


もちろん!不安な気持ちがあるときは動物病院へ。
明らかに症状がある、ご飯も食べない、なんてときは病院に行って下さいね!


私への相談もいつでもどうぞ(^^)
pecoanimalhealingclinic@gmail.com