読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Peco animal healing Clinic

Peco animal healing Clinic のブログ、日々の出来事や、東洋医学、漢方、鍼灸のことなどを中心に書いていきます。私に出会う動物や飼い主さんが少しでも癒され、動物との時間を幸せに過ごせるようお手伝いしたいと思っています。

皮膚にお勧めのサプリ、マコモ。

こんにちは、Peco animal healing Clinic 院長のペコです。

今日は昨日お話ししたマコモについて詳しくお話ししたいと思います。

 

マコモとは何か

別名はながつみ(花勝美)イネ科の多年草

日本でも全国に分布。

水辺に群生し、沼や河川、湖などに生育しており

古くから食用や薬用に使用されてきました。

f:id:harumaki17hon:20161018161225j:plain

これを粉にしたのが昨日のお写真

f:id:harumaki17hon:20161018152630j:plain

 

です。

味は、正直にいうと「土」のような味がします。

苦味もなく、刺激のある味ではありません。

とても細かい粉なので、フードにもよくなじみます。

 

私もお茶に入れたりして、毎日飲んでいますよ!

成分は

マコモの成分分析表(おもな成分量 100g当たり)

エネルギー

109kcal

ビタミンB1

0.09mg

蛋白質

19.4

ビタミンB2

0.21mg

脂質

2.0g

ビタミンB6

0.14mg

糖質

3.4g

ビタミンB12

83μg

食物繊維

37.7g

ビタミンA

2300μg

ナトリウム

378mg

βカロテン

27200μg

リン

362mg

ビタミンC

170mg

43.9mg

ビタミンE

18.3mg

カルシウム

536mg

葉酸

270μg

マグネシウム

115mg

ORAC総量

210μmol/TE/g

699μg

亜鉛

6.46mg

ORAC=活性酸素吸収能力

ケイ素

400mg

①ビタミン類が豊富

②生体の発育、成長や免疫に重要な亜鉛が非常に豊富。(牡蠣に次いで豚レバー等と同様に豊富です)

亜鉛に加えて蛋白質アミノ酸)が含まれることで遺伝子修復と皮膚の保湿に役立ちます。

④結合組織を強化して骨や爪を丈夫にするミネラルであるケイ素が豊富。

活性酸素吸収力が高いので、活性酸素による細胞障害を抑えます。

 そのため、皮膚にとても良い効果があるのです。

 

私は西洋医学、東洋医学の治療と併用してマコモをお勧めする場合もあります。

なるべく動物の負担を軽くしたいからです。

 

また、診療では皮膚に良い食事などもご紹介しています。

 

皮膚は慢性化すると薬が手放せなくなるケースも多いので、なるべく体に優しいもので治療していきたいですね。

 

私も皮膚に悩んでいたものとして、ワンちゃん猫ちゃんのかゆーい気持ちが良くわかります

そして、その姿を見て悲しいようなイライラしたような気持になる家族の気持ちも分かっているつもりです。

 

私の家族も、かかないの!なんでかいちゃうの!かわいそうにって小さいころから私に言っていましたから

 

そんな私だから寄り添える、皮膚病との向き合い方があると思っています。

 

お気軽にご相談くださいね

 

ペコ

 

Peco animal healing Clinic

pecanimalhealingclinic@gmail.com

facebookペコズクリニック