Peco animal healing Clinic

Peco animal healing Clinic のブログ、日々の出来事や、東洋医学、漢方、鍼灸のことなどを中心に書いていきます。私に出会う動物や飼い主さんが少しでも癒され、動物との時間を幸せに過ごせるようお手伝いしたいと思っています。

撫でることは、推拿ともいえる。

f:id:harumaki17hon:20170516114403j:plain

こんにちは!あっという間に5月になってしまいましたね

 

月に一度鍼灸の勉強会に参加しているのですが、最近では推拿に力を入れています。

推拿というのは、分かりやすく言えば「気」を入れたマッサージ、のようなもの

 

自分の掌のロウキュウを意識して、気を動かすことで針やお灸と同等の効果をもたらすものです。

 

掌で撫でるだけで針やお灸と同じ効果なんて!!

 

こんな簡単な事はないので、日々切磋琢磨していますよ!

 

病院での鍼灸治療の際も、初めに推拿でマッサージしてから行うこともありますし

最後に全身を推拿して整えることもあります。

 

どちらにしても併用した方が、動物は喜んでくれるような。

 

私たちも自分の頭にぽんと掌を置くだけで

頭に意識が向かいますよね?それは気が動いている証拠です

そしてずっと掌に集中しているとどんどん暖かくなってくる

 

これが気が集まってきている証拠です

 

気は、エネルギーですから、動きやすく暖かいのです

 

撫でるだけで、気が動き、手を止め意識を集中するだけで気が集まる

 

撫でるだけでお互いに安らぐのは、気が満ちるからかもしれません。

 

下痢をしているならおへその下、下腹部に手をあて横隔膜に向かって上へ上へゆっくりと撫でてください

便秘症ならば、その逆で下腹部に手を当てて出すのを促すようにゆっくりとおろす

 

嘔吐の場合は上腹部(お腹側から胸の骨にあたるくらいのところ)に手を当てて

暖めてあげる

 

それだけでだいぶ楽になります。

 

西洋医学の薬だけでも良いですが、そういった「手当て」がどれだけ

動物たちの心を癒すか

 

治りが早くなりますよ

 

是非やってあげてくださいね。

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

背中は ツボがたっくさん!

こんばんは!ばたばたしていたらあっという間に1ヶ月経ってしまいますね。。

GWも診療予定していますよ!

 

さて、今日はワンちゃんの背中にあるツボのお話しを

よく、ワンちゃんをなでるポイントに背中というのがあると思うのですが

背中にはたくさんのツボがあります。

f:id:harumaki17hon:20170420184521j:plain

背骨に沿って、左右に

心臓 肺 肝臓 胃 腎臓 大腸・・・

ほとんどのツボがあるんです

 

臓器に異常があるとここのツボに変化が現れると言われています。

臓器や全身とは、経絡という道でつながっているので

たとえば足にあるツボを押しても 胃腸がよくなったりと効果が現れるんですね。

詳しい場所は難しいと思いますので

ご家庭では背中を全体的に背骨に沿ってなでるだけでも効果があります

もちろん揉んだりしても良いですね

 

なんだか元気がないな?と感じるときは、手のひらに「気」をこめて

手が暖かいなと感じるくらい意識を集中して

手のひらを密着させてから首から腰まで手のひらをスライドさせてください

表面をなぞるのではなく

少し圧着させながらスライドさせるのがコツです

そうすると

元気をツボか入ってゆきます

 

今夜は背中をゆーっくり、撫でてあげましょう。

 

是非やってみてくださいね

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

ダイエットが一番?!

f:id:harumaki17hon:20170330174503j:plain

先日去年の年末から診させていただいているラブラドールのダイスケくんのおうちへ

往診に行かせていただきました。

前肢の跛行があり、高齢のため近医にてもう治療することはないと言われたそうで

わたしの方で鍼灸治療をすることになったのですが

 

遠方なので頻繁に鍼灸するというのも難しく、漢方治療も併用するとはいえ

それだけでどれだけよくなるか、不安もありました

 

肥満体形でしたので一度目の鍼灸治療からダイエットを開始したダイスケ君

 

月に一度針とお灸をしに県外まで向かいます

 

3か月目の昨日

 

スタスタ歩いている!!!(まだ少し跛行ありましたが、以前に比べたら全然!)

 

上れなかったベットにも上るようになったそう

 

そしてなにより、スリムになっている!!

 

食事の量を減らし、出したご飯はすべて食べるし、吐いたり下痢したりもないそう

ご高齢だし、スリムの原因がダイエット以外の可能性もあるのでちょっと焦りましたが

 

今回はダイエットが成功しているようです!

 

鍼灸治療よりもなによりも、ダイエットが一番効果的だったりして…

いや、きっと鍼灸も一役かっているよ!と自分に言い聞かせた昨日でした

 

人でも足の痛みは体重を落とすことが必要ですもんね!

 

いずれにしても、薬や鍼灸、手術にしても

生かしているのはダイスケくん自身の命

細胞を元気にするのもダイスケくんの力です

 

薬も鍼灸もどんなことも本人の回復を助ける補佐だと思っています

 

ダイスケくんに感謝です。

 

 

Peco

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

鍼灸治療中のあくび

こんにちは!peco animal healing clinic院長のペコです。

おかげ様で毎日のように鍼灸治療をさせてもらっています!

往診はひとりなのでなかなか写真は撮れず・・

でも往診先の皆も改善方向ですのでうれしい限りです。

さて、鍼灸治療ではよく治療中に「あくび」に遭遇します。

f:id:harumaki17hon:20170228180928j:plain

これは私の学校では気が動いて、口から抜け出る。と考えます。

そのため、きちんと針やお灸で気が動いた証拠なんですね

行動学ではあくびは緊張なども表すそうなのですが

あくびのあと、ふぅ・・と寝てしまうところを見ると

リラックスできているのかな?と思います。

f:id:harumaki17hon:20170302145605j:plain

ふぅ、とアゴをつけるハリーちゃん

 

こんな姿を見ると私もうれしいです。

さぁ!今日も頑張りますよ!

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

 

 

 

<犬の膿皮症> 鍼灸と生薬で皮膚改善中です!

一度ここのHPでもご紹介したことのあるバロンくんです

鍼灸と生薬での治療を続けていますよ!

生薬は一度こちらでも紹介したマコモという水草を粉にして発酵させたものを使っています。

わたしも毎日飲んでいますよ!

 

f:id:harumaki17hon:20170223172538j:plain

お灸中のバロンくん

毛にツヤが出てきました。薬用シャンプーと併用して鍼灸と生薬を使用しています。

膿皮症は皮膚の細菌にあった薬用シャンプーを正しく使うことでほとんどの場合改善がみられますが、ツヤツヤになったりするのは生薬と鍼灸のおかげかなと思っています。

 

皮膚がしまってきて、最近に負けない皮膚になるのが目標です。

根本治療はここにあると思っていますので気長にしっかり体質を改善していきましょう

f:id:harumaki17hon:20170223172659j:plain

お灸中もとてもおとなしく座っているバロンくん

この背中がとても可愛いです。

 

飼い主様は、ワンちゃんのおしゃれをお手伝いするB★DOGのオーナー様

オーダーメイドでとてもかわいいグッツを作っておられます。

おしゃれなばろんくんも今度は写真にとろうと思います

 

何度も繰り返す膿皮症がまずは1年間再発しないよう

わたしも努力しようと思います

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

ナイスワンさんでセミナー

こんばんは!獣医師のペコです

今日は新小平駅近くのペットショップ、ナイスワンさんでセミナーのお手伝いをしてきました!

動物東洋医学アドバイザーの資格を持つ原田さんのセミナーに薬膳の担当としてお呼びいただきました。

写真を撮り忘れてしまって、とても残念なのですが

東洋医学のお話や、スイナマッサージの仕方、気功体操等、盛りだくさんの1時間30分でした!(実際はもうちょっと延長していましたね(^-^))

ご自宅でのケアや薬膳のお話を熱心に聞いてくださり、とても良いセミナーになりました。

ご参加頂きました飼い主様、ワンコちゃん、ありがとうございました!

そして、原田さん、ナイスワンさん
ありがとうございました!

Peco animal healing Clinic

動物の力を信じる

 

こんにちは!更新が途絶えていました、でも診療はぐんぐんしていましたよ!

Peco animal healing Clinic 獣医師のペコです。

私が非常勤で務める西麻布ペットクリニックでは、鍼灸治療を西洋医学と並行でされる方が多くいらっしゃいます。

西洋医学と東洋医学良いところどりで治療できる環境は私にとってもとても良い場所です。

f:id:harumaki17hon:20170126144303j:plain

腎不全・心不全の治療と並行して鍼灸治療をしているマーブルちゃんです

ご高齢ながらも、心は若く

まだまだ歩く、歩きたい、この姿勢は嫌、など

自身をしっかり持っていることが脈で分かります。

体調を崩し、歩けない時も

脈は、うまく動かせない自分にたいしてもどかしさを感じているような脈でした

 

そんなときは、少しのお手伝いで自らすぅっと立ち上がり、歩けたりします

 

いずれ、たしかに動けないときはきます。それは私たちも同じこと

けれども、もう若くないから、しんどそうだから、歩けないからと

決めつけないで、動物の力を信じてみましょう。

やりたいこと、自分の力でやりたいと思っている動物はとても多いですよ

 

そうそう、その調子!まだ歩ける、まだ歩けるんだよ

 

と声をかけてあげましょうね

 

今日絶賛診察中です!明日は往診!がんばります!

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************