Peco animal healing Clinic

Peco animal healing Clinic のブログ、日々の出来事や、東洋医学、漢方、鍼灸のことなどを中心に書いていきます。私に出会う動物や飼い主さんが少しでも癒され、動物との時間を幸せに過ごせるようお手伝いしたいと思っています。

SFTSウイルスに対して、犬猫の対処法

何やらびっくりなニュースが

西日本で野良猫に咬まれた女性が亡くなったそう・・・

 

気になって調べてみました

国立感染症研究所HPによると

重症熱性血小板減少症候群SFTS

重症熱性血小板減少症候群SFTS)とは

SFTSは2011年に中国の研究者らによって発表されたブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新しいウイルスによるダニ媒介性感染症である。2013年1月に国内で海外渡航歴のない方がSFTSに罹患していたことが初めて報告され、それ以降他にもSFTS患者が確認されるようになった。SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると6日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こす。検査所見上は白血球減少、血小 板減少、AST・ALT・LDHの血清逸脱酵素の上昇が多くの症例で認められ、血清フェリチンの上昇や骨髄での血球貪食像も認められることがある。致死率は6.3〜30%と報告されている。感染経路はマダニ(フタトゲチマダニなど)を介したものが中心だが、血液等の患者体液との接触により人から人への感染も報告されている。治療は対症的な方法しかなく、有効な薬剤やワクチンはない。

 

とのこと。ブニヤウイルス科フレボウイルス属は脊椎動物に感染するので、犬や猫にも発熱や消化器症状、血小板減少等がありそうです。

 

西日本での発生だけど、引っ越しや夏休みで人の移動も多いと思うのでどんな状況でウイルスやマダニが移動しているか分からないので

注意した方が良いかもしれないですね。

 

備えあれば憂いなし!です

 

私も類症鑑別の一つとして頭にいれておこう。

 

さて

 

対処法としてですが、病気を運ぶマダニとの接触をなるべく避ける必要があります。

マダニはくさむら等の葉の裏に隠れていて

動物がそこを通る際に飛び乗ります。

 

マダニは暑い時期も寒い時期もいますから

 

くさむらには入らないようにした方が良いです。

 

とはいえ、ワンちゃんってくさむらが大好きですよね。。

 

ぐいぐいいってしまう。

 

そんな時はマダニに咬まれたとしてもすぐに殺すことのできる

 

フロントライン

マイフリガード

コンフォティス

ネクスガード

 

等のマダニにも効果のある駆除剤を付けるか

内服するのがおすすめです

 

今はフィラリアと一緒になっているお薬もあるので

月に一度マダニの駆除も一緒にされると安心ですね。

 

弱っていた野良猫ちゃんを助けようとされたのかもしれないのに

辛いニュースでしたね。その野良猫ちゃんも亡くなっているのだとおもうと。

ご冥福をお祈りします。

 

野良猫ちゃんの全てが感染源ではないので、地域の野良猫ちゃん達が辛い思いをしないといいなと思います。

f:id:harumaki17hon:20170725005340j:plain

 

ペコ

往診のあとは。

こんばんは!院長のペコです。

 

鍼灸治療の往診のあとは

その後のアフターフォローもしております。

 

今日はそんな話を。

 

私が往診へ行くところは行けるところならばどこへでも。

 

なので、遠方の方もいらっしゃいます。

 

まだまだ動物の鍼灸治療は身近ではないのでかかりつけ医で鍼灸治療が受けられない場合も多くあるからです。

 

そんな場合は月に何度も治療を、というわけにはいかないので

月に一度だけ鍼灸治療をされている方もいます。

 

でもやはりそれでは効果が実感できないこともしばしば

だけど、そうなんども治療は受けられないし・・・

 

そんな時はメールでのご相談や

そして自宅でのケアについて

 

その子に合った必要な

動物のツボや接し方などをお教えしながら治療していきます

必要であれば漢方も併用します。

 

月に1度しか受けられない、という方も

安心してご相談くださいね。

 

f:id:harumaki17hon:20170718203531j:plain

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこち

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674(診療中、移動中等ほとんど出れていないのでメールがおすすめです!)

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

 

 

七夕に何を願いましたか~

 こんばんは!

ばたばたしていたら、7月にあっという間に入ってしまいました

今日は七夕ですが、皆さんは何を願いましたか??

 

中国では、織姫星は縫製の仕事を、彦星は農業の仕事を司る星と言われていて

縫製がうまくなりますように~とか、農業がうまくいきますように~とか

願っていたようです

 

とはいえ、今は色んなお願いごとを叶える日!になっていますね。

 

皆さんの夢が叶いますように。

 

私もいつか、自分の診察室が持てますように。

 

 最近見つけた私の感動の出会い

信州の炭盆です

美しい炭に、美しい苗が植わっています

 

診察室が持てたときは、診察室に置く予定

 

がんばります。

 

ペコ

 

f:id:harumaki17hon:20170707205715j:plain

月に一度の三ツ池動物病院での鍼灸治療

f:id:harumaki17hon:20170618233046j:plain

次回 三ツ池動物病院での鍼灸治療は7月23日(日)

12:00~15:00 (完全予約制)です

 

今日も鍼灸治療ができて幸せです。

 

f:id:harumaki17hon:20170618233715j:plain

 

鍼灸治療をするとみんな、元気になりますね。

腰がゆらゆらだった子も、足腰がしっかりします。

 

気=エネルギーが入るのだと思います。そして、がんばろうという気持ちも引き出されるのだと。

 

私たちもそうですよね、誰かに触れてもらうと元気になりますね

優しくされると、がんばろうと思えますね

 

動物も同じです。

 

飼い主さん、もっともっと優しい気持ちで撫でてあげてくださいね。

 

スキンシップは大事です

 

三ツ池動物病院の院長、スタッフの皆さま

時間と場所と機会を頂き感謝しています。

来てくださる飼い主様、患わんにゃさんにも、本当に感謝です。

f:id:harumaki17hon:20170618233629j:plain

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこち

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674(診療中、移動中等ほとんど出れていないのでメールがおすすめです!)

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

 

 

緊張すると、胃腸もとまる。

先日、人間ドックに行ってきました。

 

大嫌いなバリウム検査にて

 

嫌いすぎて、緊張していたのだと思います

 

途中でこんな注意を受けました。

 

「リラックスしてくださいね~、胃腸が止まって動かなくなっています」

 

そんなーーー

 

そんなこと言われても、リラックスなんてできません。

 

あっちむいたり、こっちむいたり、げっぷを我慢しながら深呼吸なんて

 

どうしたらいいんだー!となっていたら

 

「胃腸がうごいていません~一度態勢を戻しますね」

 

と一時中止に。

 

お腹を両手で暖めてなでなで

 

「はい、ではもう一度~」

 

すぐに再開

 

うーん

 

やっぱり、人間だって、ストレスがかかると胃腸が止まってしまうのだから

動物もストレスや緊張状態では胃腸が動かなくなるだろうなと

 

勉強になりました。

 

そして暖めてなでなでするだけで動くんだなぁと

 

あまり効果がないと思っている方もいるかもしれませんが

 

手を当てて、撫でる力は胃腸を動かすんですよ~

 

是非やってあげてくださいね。

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

 

ドライアイに 薬が効かない時は

こんにちは 先日鍼灸治療をされているワンちゃんのお母さまから

とても良いお話しを伺いました。

バロン君は皮膚の膿皮症で毎年抗生物質を内服していたワンちゃんですが

現在は鍼灸とシャンプー治療で

皮膚状態も良好で被毛もふわふわに維持できています

 

実はバロン君

 

ドライアイにも悩んでいた時期があるそう

f:id:harumaki17hon:20170529111202j:plain

ヒアルロン酸の点眼薬や軟膏をしていたが

まったく良くならないので困っていたそうです

 

私たち獣医師もドライアイの時はヒアルロン酸免疫抑制剤の軟膏等をお出しすることがほとんどで

効果がない場合は、頻繁に点眼をするか、ヒアルロン酸の濃度を変える等しかする手立てがありません。

 

バロン君のお母さんはどうしたかというと

 

マヌカハニー

 

を点眼することにしたそう。

 

それで劇的に改善したのだとか。

 

東洋医学的にもはちみつは潤化作用があり、抗菌効果があると言われていますので

改善したとの声にも、納得です。

 

西洋医学の治療では、ヒアルロンしかない!点眼を何度も!と限定した治療法をお勧めしがちですが

いろいろな方法があるなぁとつくづく思います。

 

民間療法だからとか、東洋医学だからとか、信頼度がエビデンスがとか

私はどうでもよくて

エビデンスがあったからといって治らないときもあるし

ないものでも充分に効果があるものはある

 

その子その子で合う治療法があると思うので

一緒に模索していければと思います。

 

f:id:harumaki17hon:20170529110306j:plain

お灸で思わずぺたたんとなってしまうバロン君でした

可愛いです。

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************

 

神奈川県 三ツ池動物病院での鍼灸治療

今日は月に一度の横浜 三ツ池動物病院での鍼灸治療の日でした。

12時より30分間隔で完全予約制で受け付けております

ご希望の方は三ツ池動物病院

または

Peco animal healing Clinic

にご連絡くださいね!

 

やっぱり鍼灸治療は癒されます。

もっともっとしてあげたいと思ってしまう

今日も施術させて下さり、ありがとうございました。

 

今日は午後に飼っているクーちゃん混合ワクチンの接種と血液検査にも向かいました。

三ツ池動物病院にはお世話になっています

 

びゅーんと車で走る間

クーちゃんはドキドキ、ニャーニャーないていましたが

 

診察台の上では

キョトン顔

f:id:harumaki17hon:20170521220234j:plain

 

新しく入った先生に採血してもらいました!

 

f:id:harumaki17hon:20170521220411j:plain

えらいぞ!クーちゃん!

 

f:id:harumaki17hon:20170521220551j:plain

 

自宅へ帰ってまったりなクーちゃんでした。

血液検査は良好!問題なしで、ほっとしました~

最近飲水量が多い気がして、ちょっと疑っていました。

 

輸血猫として一生懸命頑張ったので、家でゆっくり

長生きしてほしいと思います。

沢山の命を救った女神です!クーちゃん!えらい!

 

私も頑張ります^^

 

********************************************

peco animal healing clinic

ご相談お問い合わせ、ご予約はこちら

メールでも

pecoanimalhealingclinic@gmail.com

お電話でも

070-4317-9674

院長 獣医師・1級中獣医師

稲垣絵里子

お待ちしております!

*********************************************